行政書士法人メイガス国際法務事務所

法務顧問契約

トップ業務内容・ご依頼の流れ > 法務顧問契約

行政書士法人メイガス国際法務事務所では、企業様を対象とした月額制の法務顧問サービスを用意しております。


弊所の法務顧問サービスの特徴

①相談料が無料となります。時間制限や回数制限はありません。電話・メール・Web会議・対面・訪問・同行等様々な方法でのご相談に応じております。

②契約書、該非判定書、取扱説明書、定格銘板等、各種書類リーガルチェックの費用が無料となります。回数制限はありませんが、日文・英文以外の書類については別途翻訳費用が発生する場合があります。

③社内勉強会の開催費用やレクチャー、セミナー費用が無料となります。出席人数や回数に制限はありません。

④各種書類作成の費用が割引されます。

⑤貴社の業務内容及びご相談分野に精通した貴社専任の担当がアサインされます。

⑥万が一の製品事故や通関事故の際には緊急対応として、リコールに関するコンサルティング、監督官庁の事故調査への事前準備や立ち会いなど、事態収束のサポートを行います。また、緊急用に営業時間外・休業日でも通じる携帯電話番号をお伝えします。

⑦支払条件について、全額後払対応が可能となります。


法務顧問サービスを積極的に活用頂いた事例

新規事業開発の事例

クラウドファンディングで獲得した資金を元にスマートフォンを開発しているスタートアップ企業に対して、ECサイトに係る特定商取引法に関する表示のリーガルチェック、製品を電波法・電安法等の製品安全に関する法令に対応させるための設計指導、海外販売時の輸出管理に関するコンサルティング、取扱説明書や定格銘板の法定記載事項のリーガルチェック、使用済みのリチウムイオンバッテリーの回収体制の確立等、開発から販売、回収までのサイクルに必要な様々な法令の対応サポートを横断的に実施しました。


研究開発に関する法務サポートの事例

企業内で研究開発を進めている案件について、戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン)の申請準備段階から3年間のプロジェクト完了まで、法務面でのサポートを実施。また、機微な技術情報を扱うために必要な共同研究相手(海外企業)との間で交わす通常より厳密な英文の秘密保持契約書の作成、知財戦略の策定支援、特許の実施許諾契約書面のリーガルチェック、従業員の職務発明に関する社内規定の整備、開発した化学物質のEAR該非判定、原料として輸入する化学物質の化審法対応も行いました。


社内の問い合わせ窓口としてのご活用事例

輸出する製品の該非判定や、輸入する製品の電安法対応等を行う義務があるところ、社内に法務部や知財部がなく、また、法務を担当する総務部においても、法律と技術の双方を理解する社員がいない商社において、社内からの技術法務・貿易法務問い合わせ窓口として弊所担当者をメーリングリストに追加して頂き、全ての質問に当日~翌営業日に回答する体制を整えました。これにより、輸入製品の検討段階から法対応の期間や改修の必要の有無等の法的ハードルを迅速に確認できるようになりました。また、輸出する製品についてもこれまではメーカーから非該当証明書を発行されるまで数週間かかる場合や、メーカーが該非判定書を発行しない為に迅速に輸出できないケースがありましたが、こちらも弊所が1営業日~2営業日で判定を行い該非判定書を発行することで、円滑な輸出が可能になりました。


法務顧問契約に関するQ&A


Q1:相談してはいけない内容はありますか。

A1:他士業の独占業務とされている内容については、法令の規定によりご相談頂けません。例えば、典型的には従業員が社用車等で交通事故を起こした場合や解雇の有効性を争われる場合などは弁護士にご相談頂く必要がありますし、税務申告や経費計上の可否については税理士にご相談頂く必要があります。なお、弊所の法律顧問や労務顧問(顧問弁護士・顧問社労士)等をご紹介することも可能です。


Q2:どのような企業が貴所と法務顧問契約を締結していますか。

A2:旧三公社やS&P 100構成企業等の大企業から、従業員5名以下・設立1年目のスタートアップ企業まで、多種多様な企業様と法務顧問契約を締結しております。

地域としては、国内では北海道から沖縄県まで、海外では我が国との経済的結びつきの強い北米・西欧・東アジア諸国は勿論、東南アジア、北欧、東欧等、幅広い地域のクライアント様・顧問先企業様からご依頼を頂いております。


Q3:遠方の企業ですが、定期的に訪問してもらうことはできますか。

A3:可能です。定期・または不定期に貴社の本社・支社・工場等に弊所職員が伺い、ご相談に応じる事ができます。


法務顧問サービスをご契約頂いているクライアント様の声

家電製品メーカー 総務部 T様

私の社内での役割は生産・技術開発・法務・営業の各部署からの要望を取りまとめつつ調整することです。メイガスさんは、コミュニケーションを取る際に図面や絵を描いてお互いの理解を深め、全員の認識が合致してくれるか確認してくれるので助かります。また、企画段階から気軽に相談に応じて頂け、我々からの「こういう事はできるのだろうか」という相談に対しても、いつも前向きに検討してくれるのが印象的です。


専門商社 代表取締役 K様

大沢代表をはじめとし、カウンターパートの先生方には弊社からの相談に対して親身かつ的確に回答して頂いており、お世話になっている先生方の能力の高さや徹底したプロフェッショナリズムに日頃より強い感銘を受けております。また、様々な課題への対応力の高さにも尊敬の念を抱いております。今やメイガス国際法務事務所様は、弊社の強固なパートナーです。このような関係は一朝一夕にできたものではありません。私自身も代表の大沢先生とテレビ会議などで毎週一回は顔を合わせていますし、弊社の管理職から新人の技術者まで幅広い社員が、様々な内容について頻繁に先生にご相談させて頂いております。これら日々の積み重ねにより、メイガス国際法務事務所様は弊社の最も頼りになるパートナーとなっていきました。