以下はHDMI Alliance FAQページの和訳です

https://www.hdmi.org/learningcenter/faq.aspx/manufacturer/manufacturer/adopter_extranet_cn/documentation.aspx

Q. What testing is required?  どのようなテストが必要ですか?

Prior to mass producing or distributing any Licensed Product or component that claims compliance with the HDMI Specification (or allowing someone else to do such activities), each Adopter must test a representative sample for HDMI compliance. First, the Adopter must self test as specified in the then-current HDMI Compliance Test Specification. The HDMI Compliance Test Specification provides a suite of testing procedures, and establishes certain minimum requirements specifying how each HDMI Adopter should test Licensed Products for conformance to the HDMI Specification.

HDMI仕様に準拠している(またはそのような活動を許可する)ライセンス製品またはコンポーネントを量産または配布する前に、各アダプターはHDMI準拠の代表サンプルをテストする必要があります。まず、アダプターは、現行のHDMI準拠テスト仕様書に規定されているようにセルフテストを行わなければなりません。 HDMI準拠テスト仕様では、一連のテスト手順が提供され、HDMI仕様に準拠するために各HDMIアダプタがどのようにライセンス製品をテストするかを指定する特定の最低要件が定められています。


Such compliance testing is limited to evaluation of a product's compliance with the HDMI Specification and is not designed to test the overall performance of any Licensed Product.

このようなコンプライアンステストは、製品がHDMI仕様に準拠しているかどうかの評価に限定されており、ライセンス製品の全体的な性能をテストするようには設計されていません。


Second, each Adopter must submit the first product of each Licensed Product type (i.e. source, sink, repeater, or cable) to an HDMI Authorized Testing Center (ATC) for testing. Once an Adopter product of each type has passed testing, it is not required to submit to the ATC subsequent products of that type. However, Adopters must still self-test the products for compliance to the HDMI test specification. For example, once an Adopter's television has passed ATC testing, it is not required to submit another television or other display for ATC testing. However, to help ensure HDMI interoperability, we encourage Adopters to use the ATCs.

次に、各アダプターは、テストのために各ライセンス製品タイプ(ソース、シンク、リピーター、またはケーブル)の最初の製品をHDMI Authorized Testing Center(ATC)に提出する必要があります。各タイプのアダプター製品がテストに合格すると、その後、当該タイプの製品をATCに提出する必要はありません。しかし、HDMIテスト仕様に準拠するためには、製品を自己テストする必要があります。たとえば、アダプターのテレビがATCテストに合格したら、ATCテスト用に別のテレビまたは他のディスプレイを提出する必要はありません。ただし、HDMIの相互運用性を確保するために、採用者はATCを使用することを推奨します。



Q. Where can I find a copy of the Adopted Trademark and Logo Usage Guidelines? 採用商標とロゴ使用ガイドラインのコピーはどこにありますか?


The HDMI Adopted Trademark and Logo Usage Guidelines can by downloaded in the Resources section. (Click here.) This section also includes easy-to-follow how-to guides for working with the HDMI Logo.

HDMI採用商標およびロゴ使用ガイドラインは、参考文献セクションでダウンロードできます。 (ここをクリックしてください)このセクションには、HDMIロゴを扱うための簡単なハウツーガイドも含まれています。



Q. Where can I get more information on becoming a HDMI Adopter? HDMIアダプターになるための詳細情報はどこで入手できますか?


On the home page of the www.hdmi.org website is a link to "Becoming an Adopter." Click on that link, and all the information you need, including the Adopter agreements and on-line registration, can be found there.

www.hdmi.orgウェブサイトのホームページには、「アダプターになる」というリンクがあります。 Adopter契約やオンライン登録を含む必要な情報がすべてそこにあります。


以下はHDMI Alliance Becoming an Adopterページの抜粋和訳です 。

https://www.hdmi.org/manufacturer/adopter_registration.aspx


1.Simply complete the initial application form below.

以下の最初の申請フォームに記入してください。(同ページ下部に入力フォームがあります)


2.Upon completion of the registration form, we will confirm your contact information and send you a link to the Adopter Agreement. .

登録フォームが完了すると、連絡先情報が確認され、アダプター契約書へのリンクが送られます。


3.Please fill out the digital Adopter Agreement form and e-Sign it.

Digital Adopter Agreementフォームに記入し、電子署名してください。


4.We will get back to you in 24 hours with the e-Signed document.

電子署名された文書で24時間以内に連絡します。


Upon the receipt of both the Adopter Agreement and Licensing Fees, your company membership will be activated and you will be given access to the HDMI Adopters Extranet.

Adopter AgreementとLicensing Feesの両方を受け取ると、あなたの会社のメンバーシップが有効になり、HDMI Adopters Extranetへのアクセス権が与えられます。


If you have any additional questions about the benefits of becoming an HDMI Adopter, please email admin@hdmi.org.

HDMIアダプターになる利点などのご質問があれば、admin@hdmi.org宛にメールをください。


-CLARIFICATION: DEFINITION OF HDMIR LICENSED PRODUCTS

An HDMI product that consists entirely of licensed components does not necessarily mean the final product is a licensed product READ MORE>

ライセンスされたコンポーネントで構成されているHDMI製品は、必ずしも最終製品がライセンスされた製品であるとは限りません。<このREAD MOREのリンク先が下記の「CLARIFICATION: DEFINITION OF HDMIR LICENSED PRODUCTS」になります。


以下はHDMI Alliance Termsページの抜粋和訳です 。

https://www.hdmi.org/termsOfUse.htm 

Annual Fee

HDMI Adopters pay an annual fee of ten thousand dollars (US$10,000). The annual fee is due upon the execution of the Adopter Agreement, and must be paid on the anniversary of this date each year thereafter. Note that HDMI does provide an alternative annual fee payment for small-volume manufacturers (10,000 units or less). Please see Attachment B of the Adopter Agreement for details.

HDMIアダプターは年額1万ドル(US $ 10,000)を支払う。 年間手数料は、アダプター契約の締結に伴い、毎年この日付の記念日に支払われなければなりません。 HDMIでは、小規模のメーカ(10,000台以下)に代わって代替の年間料金支払いが提供されています。 詳細については、アダプター契約の別紙Bを参照してください。

(弊所注:少量(年間1万台以下)の方に対しては特別なライセンス形態があります。ライセンス料は通常の半額(5千ドル)となり、1台ごとに1ドルの登録料とロイヤリティがベット必要となります )


Royalty

HDMI royalty rates are as follows: HDMIのロイヤリティ料金は次の通りです。


For each end-user Licensed Product, fifteen cents (US$0.15) per unit sold.

エンドユーザーライセンス製品ごとに、販売台数あたり15セント(US $ 0.15)。


If the Adopter reasonably uses the HDMI logo on the product and promotional materials, then the rate drops to five cents (US$0.05) per unit sold.

アダプターがHDMIロゴを製品および販促用資料に合理的に使用する場合、料金は販売台あたり5セント(US $ 0.05)に低下します。


If the Adopter implements HDCP content protection as set forth in the HDMI Specification, then the royalty rate is further reduced by one cent (US$0.01) per unit sold, for a lowest rate of four cents (US$0.04) per unit. Adopters must license HDCP separately from Digital Content Protection, LLC, an Intel subsidiary. Please see www.digital-cp.com for details.

HDMI規格に規定されているように、アダプターがHDCPコンテンツ保護を実装している場合、ロイヤリティレートは1ユニット当たり1セント(US $ 0.01)低下し、1ユニットあたり最低4セント(US $ 0.04)となります。 採用者は、Intelの子会社であるDigital Content Protection、LLCとは別にHDCPのライセンスを取得する必要があります。 詳細については、www.digital-cp.comを参照してください。


Products Subject to Royalty

The HDMI royalty is only payable on Licensed Products that will be sold on a stand-alone basis (i.e. that are not incorporated into another Licensed Product that is subject to an HDMI royalty). For example, if a cable or IC is sold to an Adopter who then includes it in a television subject to a royalty, then the cable or IC maker would not pay a royalty, and the Adopter television manufacturer would pay the royalty on the final product. If the cable is sold directly to consumers, then it would be subject to a royalty.

HDMIロイヤリティは、スタンドアロンで販売される(つまり、HDMIロイヤリティの対象となる別のライセンス製品に組み込まれていない)ライセンス製品でのみ支払われます。 例えば、ケーブルやICをアダプターに売却し、ロイヤリティーの対象となるテレビにそれを含めると、ケーブルまたはICメーカーはロイヤリティを支払うことはなく、アダプターテレビメーカーは最終製品に対してロイヤリティを支払う 。 ケーブルが消費者に直接販売されている場合、ロイヤリティが課せられます。


Please see Attachment B of the Adopter Agreement for royalty and annual fee details.

ロイヤリティおよび年会費の詳細については、アダプター契約の別紙Bをご覧ください。